FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えるヒット 「不自然~ナチュラル」レヴュー



皆さんは、「PS」の方はチェックしてらっしゃるけど、週刊文春はスルーされてるのではないかと思い。

こちらに紹介しておきます。



近田春夫の考えるヒット 652


近未来的なのに懐かしくもある、それがPerfumeの魅力だ!!

 TVで受け答えするPerfumeをみていて、本当にキャラクターとサウンドに接点がねぇなって思ったのだけれど、逆にだからこそ! こんなに人気が出たのだとも思う。これが……DJをやったりとか……バリバリのテクノ少女だったりしたら、もう少しマニアックな層にファンも限定されてここまでの一般的支持は得られなかったろう。

 Perfumeに変な自意識は感じられず、むしろただただ与えられた課題に最善を尽くすのみという印象だ。考えようではかなり古臭いアイドル的信条で生きている。一方“音響的”には恐らく我が国屈指の新しさを誇っている訳で、この「保守と革新の二律背反(?)を成立させる」バランスはちょっと他には見られないものである。

 そんな彼女たちの最新シングルが「不自然なガール/ナチュラルに恋して」という両A面なのは何か象徴的な気もするし、こう対照的なタイトルを並べられると、なんだか比べて聴いてみたくなる。

 M1は突然例の声から始まるが、そのチューニングはまさに「塩梅」というかさすがだった。もうそろそろこの声に飽きたかなと思わせない何かがあるのだ。以前と同じようで実は微妙に……心地よさも……進化しているのだろう。

 二律背反といえばこの曲に限らず、彼女たちの声には近未来感とともに必ず……一種物悲しさにも似た……懐かしい響きがあるのはなぜなのか。理由は分からねど聴いているうちに、そこがPerfumeの持つ大きな魅力に違いないと思った。他の中田ヤスタカ関連作品には、こういった気分をそれほど感じないのである。

 とか何とかいいつつM2に進むと、こちらは四つ打ちではない少し遅めな曲調だった。ひとくちにテクノ、エレクトロといっても、いわゆるDJの作るものというよりはミュージシャン寄りの音になっているといったらいいか。このプロデューサーの強みは、トラックメーカーでありながら、きちんと音楽家らしいメロディも書けるところだろう。こういう人材はまだまだこの国では稀有なのである。

 ところでこのM2をぱっと聴いたときにスクリッティ・ポリッティの音を思い出した。あのあたりのやたらと厳密な“打ち込みもの"ってひょっとしたら、これからまた意味を変えて脚光をあびるのかも知れないな、とそんなことも考えたのだった。




 まさに我が意を得たり、という印象レビューですね。さっと聴いた印象を書く、というこのコラムのスタンスは、こういう時に直感が冴えてて、小気味がいいです。


(おおすちんさん、ほら、このコラムでは「ファ」の字も言ってませんでしたよ。)











スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

髭熊船長

Author:髭熊船長
FC2小説サイトに小説を書いています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。